3.20まちの保健室

3/20(火) 南茨木多世代交流センター


去年、大阪府訪問看護ステーション協会の教育ステーション担当だった済生会訪問看護ステーションの西森看護師とアクティブネットワーク訪問看護ステーションの井上看護師が、南茨木の多世代交流センターで行っている健康長寿サロンと協力して、まちの保健室を開催し、私たちも参加させていただきました。


看護師によるバイタルチェック

 


皆様20分程度の脳トレをされ、休憩後体操に参加して頂きました。
今回はロコモティブシンドロームについてのお話しと体操をしました。


今回、参加させていただきありがとうございました。
皆様積極的に取り組んでいただき『体操をして体が軽くなった』等嬉しいお言葉を頂きました。

 

3.14まちの保健室

3/14(水) まちの保健室を茨木公民館にて開催しました!!


「住み慣れた場所で 自分らしく生きる」ために
私たち訪問看護師がお手伝いできることを管理者井上からお伝えさせていただきました。 皆さん熱心に聞いて下さいました!

統括中谷から、アクティブネットワークの概要など説明させていただきました。

<セラピストによる日常生活動作につながる健康体操>
セラバンドを使って皆様と楽しく筋力トレーニングをさせていただきました。
セラバンドとは、2Mほどのゴムバンドで高齢者のトレーニングでも活用されているアイテムの一つです。

<認知症予防体操>
皆で一緒に足踏みをし、1~30までの3のつく数字の所だけ手拍子を     するという単純そうで難易度の高い体操をし、盛り上がりました。

<有酸素運動>                                                                             レッドコードトレーニングを日頃デイサービスでは集団体操として行っています。
今回は、レッドコードがない状態で有酸素運動を皆様と行いました。
心肺機能の改善・脳への刺激など音楽に合わせて楽しくできる効果的なトレーニングです。

<訪問看護からみた災害のそなえ 防災グッズ、避難所持ち出しグッズ紹介>
皆さん目にしたことがあるものや、本格的なマットなど興味深く見て おられ、「いつか」に備えて意識付けすることが必要だと再認識する  良い機会になりました。
ご参加くださった皆様 ありがとうございました
                                       アクティブネットワーク 訪問看護ステーション
看護師 澁谷陽子

在宅医療・介護連携シンポジウム~茨木市における在宅療養の展望~

平成30年2月4日(日)

立命館いばらきフューチャープラザにて講演会が開催されました。

情報ライブ出演されている安藤和津さんが来られました‼

実母の介護から考えた認知症への向き合い方をお話されました。

茨木市長、茨木市医師会会長上野先生など様々な職種の方々が茨木で安心して暮らし続けるために在宅療養についてディスカッションされました。

訪問看護ステーション代表としてアクティブネットワーク訪問看護ステーション管理者井上恵実看護師もパネリストとして参加しました!

お疲れ様でした。

# くらしの足を考える全国フォーラム 2017

10月28日(土)~29(日)にかけて東洋大学で開催されたフォーラムは今年も盛況のうちに閉会しました。

開催期間中には交通を中心に健康・福祉・自動運転などなど多岐にわたるテーマで白熱討論が行われました。

プログラムは随所に参加者皆さま同志の交流が促進されるような工夫がされていて、異分野の方とリアルな情報交換ができるのもフォーラムならではの醍醐味です。

ご来場頂きました皆様誠にありがとうございました!また実行委員会の皆さま大変お疲れ様でした!

 

遠藤 準司

 

 

 

 

 

 

 

まちの保健室 開催中!

三島ブロック教育ステーションにて、「まちの保健室」を茨木各地で開催予定です。

地域の方々と看護師たちの「わ」がつながるきっかけになればと思っています。

皆さん、ふるってご参加ください!

認知症サポーターステップアップ講座 施設体験実習

10/23(月)

認知症サポーターステップアップ講座の受講生3名

看護小規模多機能「笑みの家」に施設体験実習に来られました。

皆で手遊びをしたり、歌をうたったり、フル回転

利用者様もスタッフも皆笑顔があふれます( ◠‿◠ ) 

大爆笑・・・(≧◇≦)

最後に記念撮影♪パチリカメラキラキラ

たくさん笑って、身体も動かして、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

普段はあまり皆でそろって何かをするという時間はないのですが、

またこういう時間を作っていきたいと思います。

受講生の皆様、本当にありがとうございました。

アクティブネットワーク

笑みの家スタッフ

マザーハウス住吉の杜 見学

大阪府訪問看護ステーション協会 横手理事の作られた『マザーハウス住吉の杜』(高齢者住宅)を見学させて頂きました。

南海本線・粉浜駅の商店街からすぐのところに5階建ての素敵な建物がありました。

2階のリビングは南向きで広くて明るく、皆が集まってお食事ができる場所になっています。

イスは自分でも引いて座る事ができる様に、軽い物にされたそうです。

リビングのベンダはウッドデッキ風のくつろげるスペースがあり、家庭菜園もされていました。

お部屋も明るく広めで心地よい空間でした。

全て案内して頂いた後は、建てられるまでのエピソードなど貴重なお話をお聞きすることができ、とても勉強になりました。

 

横手理事、お忙しい中お時間を頂き、誠にありがとうございました。

(写真左:横手理事、右:アクティブネットワーク井上看護師)

 

訪問看護ステーション・デイサービス

リハビリ統括責任者 中谷順子

9/12 まちの保健室

9月12日(火)高槻城内公民館にて、三島ブロック訪問看護教育ステーションによる『まちの保健室』が開催されました。

担当は

・アクティブネットワーク訪問看護ステーション 井上看護師

・訪問看護ステーション愛仁会高槻 田口看護師

・大阪府済生会茨木訪問看護ステーション 西森看護師

 

今回のテーマは、

☆もっと知りたい!知ってほしい!訪問看護

☆自宅で看取った利用者家族のお話

自宅でご主人さまを看取られた奥さまの経験談や訪問看護の方々への感謝の思いをお話してくださいました。

 

訪問看護ステーション愛仁会高槻 田口看護師より、訪問看護の役割やしくみなどのお話をいただきました。

皆様、熱心に聴かれていました。

 

防災グッズの説明では、初めて見る方もおられたようで、手に取り、じっくりと見ていただき、非常食アルファ米・乾パンを試食していただきました。

↑↑アルファ米のおにぎりを作る井上看護師

 

今回参加させていただき、私自身とても有意義な時間となりました。

ありがとうございました。 

デイサービスセンター  朝田