日本、香港の高齢者・障害者の移動(STS・バリアフリー化)の現在と未来

2月24日(水)日本福祉のまちづくり学会関西支部主催の「日本、香港の高齢者・障害者の移動(STS・バリアフリー化)の現在と未来」ワークショップが関西STS連絡会で開催されました。プログラムの中で昨年9月の香港視察時にお世話になった香港復康会REX氏の講演が行われました。

 

香港では香港(HKSAR)を含む中華人民共和国が国連障害者権利条約(CPRD)に批准したことにともない2008年8月31日からアクセシブル・トランスポートを含む道路交通条例や立法、公共交通サービスと主要なインフラのバリアフリー化に向けた取り組みを行っています。

香港は総人口710万人で2013年における障がい者総数578,600人(8.1%)、身体運動能力に制約がある人の総数は320,500人(4.47%)。また障がい者総数のうち70才以上の高齢者が308,500人(53.3%)を占めています。

REX氏が所属する香港復康会は1959年設立のNPOです。ミッションを『障がい者および高齢者のためのリハビリテーションサービスを通じて、インクルーシブな社会を提唱する』とするとして障がい者、慢性疾患患者及び高齢者向け包括的リハビリテーションサービスを行っており主な取り組みは以下です。

①アクセシブルな交通・移動

②リハビリテーション部門

③長期介護部門

④国際・中国プログラム部門

  
香港復康会はSpecialized Transportation領域のプロバイダーとして1978年からHKSAR政府労働福祉局の助成を受けながらリハバス・サービスの提供を開始。

障がい者の通勤・通学、リハビリ訓練、その他の社会活動への参加、受診を容易にするために、公共交通機関を利用しにくい障がい者に特定地点から特定地点への特別交通サービスを提供しています。 

 
この他、2001年に開始した60才以上の病弱な高齢者とその付添人を公立の病院と診療所に送迎を行うイージーアクセス・バス、2003年からは移動困難者や海外からの訪問者向けにイージーアクセス・トラベル、2008年からは個別輸送を行うアクセシブル・ハイヤーサービスの提供を行っています。 

  

国の法律や法人規模こそはるかに違いますが、その取組や活動形態等が自法人の取り組みと重なる部分があり興味深く報告を聞かせていただきました。

また2008年に開催された北京オリンピック・パラリンピック時のエピソードをご紹介いただきました。当時のパラリンピックの選手団200名が事前合宿で香港を訪れた際、選手のリクエストで香港観光を希望され大変ご苦労されたといことでした。

なぜなら香港でも路面電車やピーク・トラム等の観光資源は車イスでは利用が出来ず、またアクセシブルな観光バスが供給不足だったからだそうです。

ひるがえって2020年に東京オリンピック・パラリンピック開催を控える日本でも同じような事が想像に難くありません。首都圏に限らず地方会場が予定されているここ大阪でも、移動や観光のユニバーサル化に向けた取り組みがより一層必要だと感じました。

                                      遠藤 準司

株式会社マザーハウス 横手ご夫妻ご来所!

訪問看護多機能研修交流会の翌日、マザーハウス横手敏夫会長といつもお世話になっている横手喜美恵さんが「笑みの家」に見学に来てくださいました!

横手さんとは一般社団法人大阪府訪問看護ステーション協会の多機能部会でご一緒させていただいています。

部会では、いつも豊富な体験の中から色々なアドバイス等をいただき、本当に部会の会議に出席すると、「また、頑張るぞ!」と元気とパワーをいただいています。

横手ご夫妻!ありがとうございました!

                                     管理者 井上恵実

研修交流会『訪問看護多機能事業は今!』を終えて・・・

平成28年2月20日(日)10:00より、一般社団法人大阪訪問看護ステーション協会事務局に於いて研修交流会が開催されました。

看護多機能型居宅介護の管理者である井上恵実が司会をつとめさせていただきました。

看護小規模多機能型居宅介護事業所を運営されている2事業者より運営上のメリット・デメリット等のお話やこれから事業参入を視野に入れて方へのアドバイスもあり・・・。

ヒーリングライフ志宝 片岡さん

後半は8グループに分かれてのディスカッション!!

ディスカッションではそれぞれの事業所の話しをしながらお互いに交流を深め、質疑応答が行われました。人員が足りない中利用者を増やすべきか・・・、単位数の事情から福祉用具のレンタルがなかなか難しい・・・、など。

それぞれ多様な意見がありましたが、最後には研修に参加された方皆様が前向きな気持ちで研修を終えられた印象でした!

主催していただきました大阪府訪問看護ステーション協会の皆様、話題提供していただきました各団体の皆様ありがとうございました!

                           笑みの家 介護福祉士 石井 早弓