七夕①

7月といえば七夕ですね。

日々蒸し暑さを感じながら、梅雨明けを待ち遠しく思います。

 

今年も地域交流の一環として、お向かいの「たちばな保育園」の園児のみなさんと交流しました。

 

今年は6月26日から28日までの3日間、たちばな保育園の園児のみなさんが来て、お歌を披露してくれました。

利用者様も手拍子をしながら一緒に歌い、子ども達とのふれあいを楽しまれていました。

 

頂いた手作りの短冊には、皆様それぞれに色々な願いごとを書いておられましたが、なぜ七夕に色々な願い事をするようになったかご存知でしょうか?

 

元々七夕祭りとは機織りの名人だった織姫にあやかろうと、我が子の機織りの上達を祈って行っていたのだそうです。

それがいつの間にか機織りの上達だけでなく、健康、長寿、良縁、大願などを短冊に書いて、笹の葉に飾る現在の幸せ祈願に変化していったのだそうです。

 

皆様が短冊に書いた願い事が叶います様に…

 

利用者様の笑顔・笑い声・楽しかった等の感想はスタッフにとって励みになります。

これからも様々なイベントで利用者様の方々に喜んでいただけたらと思います。

デイサービスセンター

小林 加奈

6/20まちの保健室

6月20日(火)茨木市東コミュニティセンターにて

訪問看護教育ステーション三島ブロック(高槻・摂津・島本)

「まちの保健室」が開催され民生委員、一般の方が参加してくれました!

今回のテーマは

・もっと知りたい!知って欲しい!訪問看護

・訪問看護からみた災害のそなえ

ご挨拶、自己紹介が終わって、まず一番始めに…

非常食の試食のセレクトを皆さんにしてもらいました。

済生会茨木訪問看護ステーション 西森さんから訪問看護師ならではの役割やしくみ等詳しく説明してもらいました。

「先生との連携はどんな感じなの?」

「費用はどれ位かかる?」等々質問もあり熱心に聞いて下さいました。

次は、富田訪問看護ステーションの長谷川さんより訪問看護からみた災害のそなえでは「地域防災力」診断を皆でチェックしました。

普段から意識することが大事だと改めて再認識出来ました。

 

防災グッズ紹介~

 

ポンプで入れるエアマット       簡易テントと非常用トイレ

 

採血キット                バイタル測定

 

 吸引器のメディトレくん

→アクティブでは代表の名前をもらい<じゅんじ君>と呼んでいます…

 

そして~

非常食アルファ米で作ったおにぎりの試食♪

 

初めて見る訪問SETや摘便キットなど興味深く体験されていました。

本日の出会いでまちの訪問看護師がどのような事をしているのか伝わりましたでしょうか?

いつでも気軽に声を掛けてもらえたら嬉しいです!

 

訪問看護ステーション

澁谷陽子

2016年定時総会

平成29年6月17日(土)

特定非営利活動法人アクティブネットワーク2016年度定時総会が開催されました。

代表理事の挨拶からはじまりました。

前年度のアクティブネットワークの全体の動き、各ステーションごとに成果報告があり、他ステーションの動き、業務内容について改めて知る機会となりました。そして各ステーションでご利用者様が増え、アクティブネットワークも年々規模が大きくなってきていることを実感しました。

2017年度事業計画についての報告。

今年度もご利用者様に喜んでいただけるサービスを計画しています。

総会はアクティブネットワークの一員として有意義な時間となり、身が引き締まる思いでした。

今後もサービスの質の向上に努め、前年度以上により良いものにしていきたいと思います。

 

アクティブネットワークデイサービスセンター

日向・朝田

認知症サポーター養成講座

天気予報が梅雨入りと伝えてはや、1週間弱立ちましたが、好天が続いています。
皆さん、室内、室外を問わず、水分はしっかりと取ってくださいね。

さて、6月17日茨木市による、『 認知症サポーター養成講座 』が開かれました。

講師:池田さん、井上さん

皆真剣です。


詳細なスライド、DVD、わかりやすいテキスト、身振り手振りを使い、熱い想いのこもった講義でした。
*あまり大きい声では言えないですが、わかりやすい内容でしたので、ランチ後の眠気にも打ち勝つことができました
 

受講後、サポーターの証、オレンジリングを受け取り。

 
認知症介護中の方がオレンジリングを身に着けている人が街の中にいるのを見かけて、特に何をしたわけでもないが安心した。と言います。

認知症サポーターは子供から大人まで、主婦、学生、サラリーマン、警察官、専門職多種多様の方々がおられます。

もしも、これをご覧の方に認知症サポーターに興味をお持ちの方、もしくは認知症について知りたいと思われる方がおられましたら、ぜひ受講されてみてください。

とてもわかりやすい解説でした。

ケアプランステーション

曽我本 尚

『在宅人工呼吸器講習会』開催のご報告☆

皆様、こんにちは。

梅雨に入ったこと思えば、涼しいお天気が続いていますね。

 

今日は、先日、アクティブネットワークの事務所で、フクダライフテックの杉野さん、伊藤さんに来ていただき、『在宅人工呼吸器講習会』を開催しましたので、そのご報告です♪

 

訪問させていただく利用者様には、人工呼吸器や在宅酸素を使用されている方もいらっしゃいます。

看護師・セラピスト・ヘルパーなど、様々な職種のものが訪問していますので、やはり、持っている知識の幅は様々。。。。

在宅人工呼吸器について、あまり接した経験のないスタッフ、なかなか聞けない疑問を持ったままのスタッフ、いろいろです。

なので、こういった講習会を開催することで、個々が疑問を解消できたり、安心して訪問に回ることが出来ますので、とてもありがたいです☆

 

今回は、フクダさんの『クリーンエアASTRAL』について、基本操作の方法、特色、アラーム発生時の対応の基本、などについて、詳しく解説していただきました。

 

実際の機器を見て、触れながらの説明なので、とても分かりやすかったです。

 

そして、マスクを実際につけて、酸素体験です。

参加者全員が体験する時間もとっていただけました。

 

訪問看護ステーションの管理者も。。。。。

なぜかカメラ目線

 

さらに。。。。

ピースまでして。。。。

最後は。。。。

ズームしてみました。。。。( *´艸`)

 

私も実際にマスクをつけてみましたが、強制的に送られてくる空気に地上に居ながらにして、溺れているような状態に。。。。。

数秒のことですが、空気が送られてくる感じ、ベルトの当たる感じ、など体験してみてわかることもいろいろありました。

 

質問もたくさんさせていただいて、普段なかなか聞きたくても聞けないことなども、しっかり聞くことが出来ました。

 

これをまた、日々の業務に生かして、さらに精進していきたいと思います。

 

最後に。。。。サービスショットですよドキドキ

マスク体験後のちょっと放心状態の、管理者・井上です☆

こんな写真いらない?!すみません。。。。

 

では、お読みいただき、ありがとうございました。

本日は、訪問看護ステーション リハビリの岸村がブログ記入を担当させていただきました。

 

 

 

 

 

(お知らせ)いきたひ~家族で看取る~

47才で他界した夫を4人の子供たちと共に自宅で看取った

長谷川ひろ子さんは全くの素人ながら映画製作を取り組み、

企画から構成、脚本、ナレーション、テーマ音楽の作詞作曲など

自分自身でやりぬき、2015年映画は完成しました。

 

日々在宅での看取りの看護を実践している私たちにとって、

家族として看取った方々のメッセージを受け取り、共に考えることは、

とても大切なことと感じています。

一般の方、医療職の方など、是非お越しください!

 

アクティブネットワーク訪問看護ステーション

井上恵実

訪問看護ステーションはいろいろやってます!

アクティブネットワーク訪問看護ステーションは、

大阪府訪問看護ステーション協会の承認を得て

教育ステーションとして研修等の事業を行います。

 

三島ブロックは

●訪問看護ステーション愛仁会高槻

●大阪府済生会茨木訪問看護ステーション

●アクティブネットワーク訪問看護ステーション

3ステーションが協力し、事業展開していきます。

 

よろしくお願い致します。

 

アクティブネットワーク訪問看護ステーション

管理者 井上恵実

看護実習生

H26年~看護学生の受け入れをしています。

 

5月30日から6月8日まで看護実習生が在宅看護を学びに来ました。

受け持ちを決め、一日の計画を立てて実行出来るように

朝礼で発表しますが、どの学生さんたちからも緊張感が伝わり

初々しくて、いつもパワーをもらっています。

今回は呼吸・嚥下リハビリの見学をしました。

 

始めは肺音の確認から

 

次は実況しながらのリハビリ

指導者は汗だくで熱弁していましたが

熱意は伝わったでしょうか?

 

アクティブと関わった事で

少しでも在宅看護の楽しさを知ってもらい

在宅看護をやってみたい!と思ってもらえたら嬉しいです。

 

アクティブネットワーク訪問看護ステーション

澁谷 陽子