9/12 まちの保健室

9月12日(火)高槻城内公民館にて、三島ブロック訪問看護教育ステーションによる『まちの保健室』が開催されました。

担当は

・アクティブネットワーク訪問看護ステーション 井上看護師

・訪問看護ステーション愛仁会高槻 田口看護師

・大阪府済生会茨木訪問看護ステーション 西森看護師

 

今回のテーマは、

☆もっと知りたい!知ってほしい!訪問看護

☆自宅で看取った利用者家族のお話

自宅でご主人さまを看取られた奥さまの経験談や訪問看護の方々への感謝の思いをお話してくださいました。

 

訪問看護ステーション愛仁会高槻 田口看護師より、訪問看護の役割やしくみなどのお話をいただきました。

皆様、熱心に聴かれていました。

 

防災グッズの説明では、初めて見る方もおられたようで、手に取り、じっくりと見ていただき、非常食アルファ米・乾パンを試食していただきました。

↑↑アルファ米のおにぎりを作る井上看護師

 

今回参加させていただき、私自身とても有意義な時間となりました。

ありがとうございました。 

デイサービスセンター  朝田

9/9(土)栄養士さんとナースのつどい

三島ブロック訪問看護教育ステーションより

「栄養士さんとナースのつどい」というテーマで研修が開催されました。

特定非営利活動法人はみんぐ南河内 副理事長 管理栄養士の時岡奈穂子先生在宅訪問栄養士の活動~地域の栄養支援について~お話ししていただきました。

当事業所の井上看護師も司会を務めさせていただきました。

後半のグループワークでは、事例に対して自分達ならどう動くか、どのような職種に、どのような支援を望むか、看護師・栄養士がそれぞれの立場で活発な意見を出し合いました。

栄養士さんの活動を皆が知って、栄養士さんに関わってもらう方法が確立できたらもっといいのにと感じました。

時岡先生ありがとうございました!

デイサービスセンター

中谷順子

第1回 茨木市地域看護ネットワーク倶楽部

9月2日(土)茨木市ローズWAMにて

「第1回 茨木市地域看護ネットワーク倶楽部」が開催され、当事業所訪問看護ステーションの井上も準備から携わらさせていただきました。

 

茨木市健康福祉部高齢者支援課の青田さんの挨拶から始まり、

茨木市の人口は5年後にピークを迎え、平成32年を境に後期高齢者は増加し、看取りの場面は病院から在宅へとシフトしていくという事でした。

 

続いて、北大阪警察病院医療相談室の木下師長より

病棟では、まだ在宅看護への理解度が低く、実際にイメージができていない現状があるとの事で、まだまだ課題がたくさんあり考えさせられるお話でした。

 

続いて茨木訪問看護ステーション山本さん

このネットワーク倶楽部は、将来的には茨木市で医療に携わる全ての方が参加し、普段困っている事をざっくばらんに情報交換・共有できる場所になって欲しいとおっしゃっていました。

訪問看護師の役割は今後も増えていくが、自信と誇りを持って頑張りましょう!と声をかけていただきました。

 

そして、情報交換・交流会

ファシリテーターの発表(アクティブネットワーク井上

最後は名刺交換や情報交換などで盛り上がりました。

第1回に参加できてよかったです。継続して参加していきたいと思います。

アクティブネットワーク訪問看護ステーション

澁谷 陽子

 

おまけ・・・反省会の様子